信州高遠 桜志津く

¥540

高遠町に咲く、八重桜の花の塩漬けです。

高遠商店、店主自らも生産工程に参加しています。

毎年5月頃に召集がかかり、桜の木に登って、はしごから落ちないようにドキドキしながら、綺麗な花を手作業で摘みます。
摘んだ花をシートに広げ、1つ1つ、花びらが落ちてしまうものはないか。変色してしまっているものはないか。目視確認をひとつひとつしています。

もうこの時点で目がしぱしぱしてきます(笑)。

全ての花びらチェックが終わったら、花びらが落ちないように、優しく洗い、そっと水気を切ったら塩と共に漬樽へ。
ここから1年冷暗所で保管され、また翌年の3月下旬になると召集がかかり、前年に漬けた桜志津くの袋詰め作業(当然手作業)が行われます。

実際作ったからこそ自信をもって言える、完全無添加の桜漬けです。

新型コロナウイルス感染症が拡大し始めていった去年。さくら祭りは中止され、販売の機会がなかった時でも、毎年休む事なく続いているこの手仕事。
長年続いてきた摘み・漬け・詰め作業は、先輩方から若輩者に引き継がれ、今後も高遠町に密着して暮らしていく女衆の手仕事として毎年恒例の行事となっています。

お茶に浮かべて優雅に飲んでもらってもよし。
必要に応じて軽く塩抜きしたものをお菓子・パンに練りこむのもよし。
ちょっとしたレシピも同封されてるので、是非お試し下さい。

※レシピ難民になったらお気軽にご質問下さい。地元ならではの秘密のレシピをこっそりお教え出来るかもしれません(笑)。

品名:桜志津く
原材料名:桜の花びら・塩・酢
保存方法:常温で保存してください
内容量:50g
賞味期限:パッケージに記載

カテゴリー:


他にもこんな商品があります